Friends

Hanah Spring

Vocal

1983年 神奈川県出身 AB型

ジャズ・ギタリストの父、ジャズ・シンガーの母との間に生まれ、姉や弟たちとジャズのスタンダード・ナンバーやJackson 5、TLCなどを歌って踊って育つ。
J-WAVE「MUSIC WONDERLAND」の深夜パーソナリティーとして一年半担当し番組内では毎週弾き語りを披露。Erykah Badu, The Roots, Brian McKnight, MusiqSoulchild等、海外アーティストの来日公演ではオープニング・アクトも努めた。2013年から2014年にかけて行われたMISIAの「星空のライヴⅦ-15th Celebration-」にはコーラスとして参加。
2014年5月には満を持して1stアルバム「Handmade Soul」をリリース。iTunesジャズ・トップアルバム、Billboard JAPANトップ・ジャズ・アルバムで1位を獲得し、新たなシーン「Jazz‘n Soul」を創造する最注目アーティストとして話題を呼んでいる。 


中沢ノブヨシ a.k.a. GATZ

Vocal / Guitar

GATS TKB SHOW としてデビュー。「DREAMS COME TURE WONDERLAND 2007 バッキング・ヴォーカル・オーディション」に応募。3,000人の中から抜擢されドリカムの全国ツアーに参加。
谷村新司、トータス松本、ショーケン等のツアーにも参加し、その実力と安定感からミュージシャンからの信望も厚い。
「中澤信栄」としてDCT recordsより6枚のシングルと2枚のアルバムをリリース。2013年、中澤信栄から中沢ノブヨシへ表記変更。
カヴァーアルバム「Covers ~Mellow~」「COVERS ~VINTAGE~」、オリジナル・アルバム「Cruising」「TOKYO SOUL LADY」「CHAINS OF MUSIC」を発表。
関ジャニ∞、EXILEのUSA、ゴスペラーズへ楽曲提供するなど、多方面でも活躍している。

本物のソウルを歌い上げる歌唱力とギタープレイ、ソウルフルかつキャッチーなオリジナル曲は、一聴すれば誰もが驚きその音楽と存在感に引き寄せられる、真のシンガー。 

井手 麻理子 Mariko Ide

Vocal

97年 avex より「CRAWL」でデビュー。「風と共にながれて」「~Seek~それが愛かもしれないから」などFMチャートを賑わす。 
「There must be an angel」がドラマ「危険な関係」主題歌に。「太陽の花びら」で初のCM出演。アルバム「HIGH LIFE」「THE CLOWN」を発表。2007年、9枚のシングルを収録した『SINGLE COLLECTION』をリリース。
ピーボ・ブライソンとの共演や、ミュージカル「the last 5 years」山本耕史氏との二人舞台に出演するなど活躍の幅を広げる。
2013年 Bellwood Record に移籍し、3枚のカヴァーアルバムをリリース。 2016年9月 デビュー20周年コンプリートベストアルバム「SERECT!1997〜2016」をリリース。
これまでの豊かな経験を生かし、R&Bを始めPOPSからスタンダード、歌謡曲・JAZZ等、一般的に考えられるボーダーをものともせず、各地のライブを通じ、音楽の素晴らしさを伝える活動を精力的に行っている。

SuzKen 鈴木健太郎

Vocal / Guitar

2010年シンガーソングライターSuzKenとしての活動を開始。

ギターの弾き語りのライブを活動の軸とする。
ストリングスやパーカッションを交えた様々なバンド編成でのライブを進行中。
「Motion Blue」, 渋谷「JZ Brat」目黒「Blues Alley」など。今までに12回のワンマンライブを成功させてきた。
独創的な楽曲、躍動感のあるリズム、それに乗る日本語歌詞が魅力。スチールパン奏者、ケンネル青木とのユニット「青太郎」として毎月四日市での「四日の市」に参加。
また「SKA SKA CLUB」や「Afro Begue」などでベーシストとしての活動も並行して行なっている。

2012年2月SuzKen Trio『NUDE』リリース。
2012年5月SuzKen『ふわふわり』リリース。2015年6月青太郎『バザール』リリース。

2019年6月アフロベゲ3rdアルバム「Balko」リリース。


菊池 麻由 Mayu Kikuchi

Keybord / Piano

1979年生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒。

鍵盤弾き。

大学時代に出会ったジャズをベースにし 、
ポップス・ファンク・歌謡曲・シャンソンなど
様々なアーティストのライブをサポートしている。
ジャズピアノを元岡一英に師事。


Host

山極 祥瑛 Shoei Yamagiwa

Bass

1988年 長野県千曲市出身 O型

中学高校と吹奏楽に打ち込みクラリネットを吹いていたが、17歳の時にMarcus Millerのアルバム「Silver Rain」を聞いて衝撃を受けベーシストに転向。

高校卒業後、単身渡米。
ハワイパシフィック大学へ入学。

ソウル、ブルース、ファンクなどブラックミュージックにのめり込む。

卒業後、帰国。

2009年に京都に移り住み木田聡・西野やすし両氏に師事。2016年6月に長野に戻り、県内外を問わず幅広く活動中。


伊達 孝時 Koji Date

Guitar / Vocal

1987年11月23日 東京都出身 A型

ミュージカル テニスの王子様で「伊達晃二」として俳優デビュー

2007年 佐藤準のプロデュースでファーストアルバム「逆光」をリリース。日本青年館でワンマンライブを行う。

2009年テイチクエンタテインメントインペリアルレコードより「こんな時代だから」でメジャーデビュー。
シングル「青春なんて」の発売を機に「伊達孝時」に改名。佐藤準と是永巧一プロデュースの下、セカンドアルバム「どーも。」をリリース。


加藤和樹とのユニット「JOKER」を結成。avex traxより「NO.1」として再デビュー。

泉谷しげるとのユニット『もうギター投げないズ』を結成するなど、ギタリストとしても活動の幅を広げている。


定成 クンゴ Kungo Sadanari

Drums / Percussions

1971年5月16日 東京都出身 A型

日本大学芸術学部音楽学科を卒業後、渡米。
バークリー音楽院に留学。中退。
現地でブルースバンドに所属し「どさまわり」を経験。バックビートの奥深さを学ぶ。

タイトかつ有機的なドラムとパーカッションで、マボロシのレコーディング/ツアー/フェス、クレバの武道館公演、岡本真夜の全国ツアー等、様々なメジャーアーティストをサポート。

東京 世田谷 と 長野 軽井沢 でミュージックスクールを主催。
FMラジオのパーソナリティーとしても活動している。

カノウプスドラムス ジルジャンシンバル エンドーザー

シベミュージックスクール
https://www.sibemusic.net